自分がAGAかどうかを見分ける方法

薄毛で悩んでいる男性にとって悩ましいのが”自分がAGAなのかどうか”です。

最近メジャーになってきたAGAという言葉ですが、まだまだ馴染みがない専門用語でもあります。
AGAは日本語でその正式名称を男性型脱毛症というのですが、自分が果たして本当にAGAなのかどうか、
分からないで悩んでいる人もいると思います。

自分がAGAかどうかを判別する一つがはげかたです。
AGAは男性特有の薄毛の症状です。

男性ホルモンが影響してハゲているのです。
まずはハゲ方をチェックしてみてください。

最近は女性の間にも薄毛が広まっていますが、
AGAのハゲかたというのは女性とは異なります。

・前髪の生え際が後ろに後退していっている
・頭頂部が円形状に薄くなっていっている

このような薄毛の症状があらわれている男性はほぼ間違いなくAGAなのです。
女性でこのようなハゲかたをしている人は珍しいです。
女性の場合は髪全体が薄くなっていってしまっているのです。

逆に、

髪全体が薄くなってきているという人はAGAではない可能性があります。
頭皮の血行不良とか、栄養不足とか、男性ホルモン以外が影響している可能性があるのです。

自分がAGAかどうか判別するには自分のハゲかたをまずはチェックしてみてください。
前髪がM字状、O字状、U字状に後ろに後退していっているのであれば
ほぼ間違いなくAGAです。

後頭部や側頭部に問題はないにも関わらず、
頭頂部が円形状にうすくなってしまっているのはAGAです。