自分がAGAかどうかを見分ける方法

薄毛で悩んでいる男性にとって悩ましいのが”自分がAGAなのかどうか”です。

最近メジャーになってきたAGAという言葉ですが、まだまだ馴染みがない専門用語でもあります。
AGAは日本語でその正式名称を男性型脱毛症というのですが、自分が果たして本当にAGAなのかどうか、
分からないで悩んでいる人もいると思います。

自分がAGAかどうかを判別する一つがはげかたです。
AGAは男性特有の薄毛の症状です。

男性ホルモンが影響してハゲているのです。
まずはハゲ方をチェックしてみてください。

最近は女性の間にも薄毛が広まっていますが、
AGAのハゲかたというのは女性とは異なります。

・前髪の生え際が後ろに後退していっている
・頭頂部が円形状に薄くなっていっている

このような薄毛の症状があらわれている男性はほぼ間違いなくAGAなのです。
女性でこのようなハゲかたをしている人は珍しいです。
女性の場合は髪全体が薄くなっていってしまっているのです。

逆に、

髪全体が薄くなってきているという人はAGAではない可能性があります。
頭皮の血行不良とか、栄養不足とか、男性ホルモン以外が影響している可能性があるのです。

自分がAGAかどうか判別するには自分のハゲかたをまずはチェックしてみてください。
前髪がM字状、O字状、U字状に後ろに後退していっているのであれば
ほぼ間違いなくAGAです。

後頭部や側頭部に問題はないにも関わらず、
頭頂部が円形状にうすくなってしまっているのはAGAです。

男性とは若干異なる女性の薄毛原因

女性も年齢とともに薄毛になる人が多いようですが、その原因や治療方法、ハゲ方は男性とは違うため同じケアや投薬では効果がないだけではなく逆効果の場合もあるので、まずは自分に薄毛の原因を知る事が大切なのです。

女性の薄毛はホルモンの影響が強く、その証拠にまだ若くても出産後に抜け毛に悩まされる人が多く、これは産後にホルモンが大きく変化することで起こる現象で、ほとんどの場合はホルモンバランスが落ちつくと改善するのです、なかにはそのまま薄毛に進行する人もいるので、なかなか改善しない場合は専門医の治療が必要です。

また、ストレスや食生活の乱れなどでもホルモンバランスが崩れ薄毛になることがあり、閉経前後に薄毛が進行するのも女性ホルモンが少なくなることが原因だと言われています。

女性の薄毛の場合は円形脱毛症などを除くと男性のように一部分の髪がなくなりつるつるになるのではなく、つむじや分け目を中心に薄くなり頭皮が見える状態になるのがほとんどです。髪も細くなるため全体のボリュームがなくなりペタンコになりやすいようです。

そして最近とても増えているのが栄養失調による薄毛です!現代でそんなことありえないと思いますよね?しかし、これは若い人を中心にとても増えており、無理なダイエットによって体全体の栄養が足りなくなり命にかかわる部分から優先的に栄養が使われることで頭皮にはなかなか栄養が届かなくなってしまうのです。そうなると毛根が痩せ髪が抜けてしまうので、痩せても髪がスカスカなんてことになってしまい栄養を摂るようになっても改善にはある程度の時間が必要になってしまいます。

また、長年同じ部分で分けたり結んだりしているとその部分が強く引っ張られるため、時々髪型を変えることも大切なのです。

女性の薄毛は男性に比べて改善しやすいと言われているので、早めに原因に合ったケアをすると薄毛が目立つ前に改善するかもしれません。

 

女性の場合は男性ほど育毛剤や治療を受ける人も少ないようで、恥ずかしい気持ちもあるのかもしれません!また、齢をとると誰でも髪が薄くなると最初から諦めている人もいるようで、とても勿体ないことなのです!最近は専門医での治療も進んでいて、かなり効果的な薬があるので深刻な状態になる前に薄毛ケアを始めるべきです。

髪が薄いだけで女性はかなり老けた印象になり、いつまでもふんわりした髪の人は若々しく元気に見えますよね・・いつまでもお洒落をして人生を楽しむためにも早めのケアを心がけましょう!